★8.29&9.5 命より大事? パラリンピックやめろ!スタンディング★

■8/29(日)14:00~15:00 吉祥寺駅北口サンロード前 ■9/5(日)11:00~12:00 調布駅前広場(調布市は車いすバスケットボール会場の「武蔵野の森総合スポーツプラザ」がある自治体です) →この日、車いすバスケットの決勝が有明で行われます ※マスク着用を。風邪症状がある方はご遠慮を。差別表現お断り 命より大事?オリンピックやめろ!吉祥寺デモをやる会 ☎070-5451-7010 オリンピックに続いてパラリンピックが強行されています。 オリンピック中もその後も続くコロナ感染拡大。「県境を超える移動は控えて」と東京都民には呼びかける一方で、国境を超えて大勢の選手・関係者がくるオリンピック・パラリンピックを主催する小池百合子・東京都知事。小池知事のことばにはもはやなんの説得力もなく、感染が全国に広がり、コロナ感染者が医療につながらないまま赤ちゃんから大人まで自宅で亡くなっているのです。開催都市の小池知事がオリパラをやめると言えば防げた死です。 コロナ感染症の低年齢化で新学期からの授業が懸念されている中で、パラリンピックの学校観戦も強行されています。自衛隊・全国から派遣された機動隊・子どもの観戦・マスコミの大絶賛、まるで戦争の総力戦です。恐ろしい。 学校観戦について、小池知事は「人間のいろいろな挑戦はすごいものだと、子どもたちに見せたい」と、熊谷俊人・千葉県知事は「次世代を担う子どもたちが見ることは、共生社会の実現に大きく貢献する要素になる」と言っていま…

続きを読む

敗戦の日に思う…オリンピック②

「犠牲になってくれてありがとう」と言われたら、「ふざけるな!」と言わなければ お昼に台所でピーマンを洗っていたら、外から「ピンポンパンポン~」と放送が聞こえた。びっくりしたが、すぐに、アレだ、とわかった。年に一度の恒例の、みんなで反省の時間。数秒間神妙な顔をしておけば、今年のお仕事は終わり。取り返しのつかない、今も終わっていない、東南アジア、中国大陸、朝鮮半島へ仕掛けた戦争と太平洋戦争に対して、「終戦の日」のこんな軽薄な「黙祷」が、なんになるのだろう。私たちのクニの政権は、これまでも今も、本当に謝罪し償うことからも、事実を直視することからさえも逃げ続けている。 放送の声は「今の平和は、亡くなった人たちのいしずえの上にある。」と言っていた。「亡くなった」のではない。数千万の人を殺したうえで、殺された。餓死させられた。病死させられた。殺された人は死によって、未来を作る作業を中断させられた。おそらく痛切な悔しさを、にぎりしめて。 生き残った者が作った、私も一員であるこの社会を、「平和」だと言えるのか。勝者だけ歓迎する敗者見殺し社会だということを、日々目のあたりにしながら。戦争の時、だれが先に死に追いやられていっただろう。おそらく、弱い立場にあった人、病弱な人、知的・精神・身体になんらかの違いがあるという理由で「役に立たない」とお荷物扱いされた人、そして戦争に反対した人。 オリンピックが終わった。コロナの感染者が爆発的に増え続けている。コロナで亡くなるのも、脆弱な基盤しか持たない、…

続きを読む

敗戦の日に思う…オリンピック①

救える命を救えなかった… 私の亡くなった祖父は消防士でした。戦時中は本土の消火にあたっていたので戦地には赴いていません。 消防車で現場に向かっていたある日のこと、「お母さん、お母さん、助けて~」という声が聞こえて来たので、 後ろを振り返ると、5、6歳の女の子が一面を火に囲まれて泣いていたそうです。 祖父は助けたかったものの、現場に急いでいたし、同僚に止められたので、その場を立ち去ったそうです。 何十年も経って、当時8歳だった私にそう話してくれました。 「あの女の子はどうなったんだろう」「助けてあげられたかもしれなかったのに・・・」 普段は厳しかった祖父がとても辛そうに語ってくれました。 何十年も後悔し続けてきたのだと思います。 これは今、医療現場に起きていることではないでしょうか? 本当は入院させてあげたい患者さんを「自宅療養者」として帰宅させる。 ある意味、命の選択をしていることに苦しまれている医療従事者の方々は多いのではないのでしょうか? 救える命を救えなかった祖父や医療従事者が悪いのでありません。 戦争を強行し、東京オリンピックを強行してコロナの感染を拡大させた政府が全て悪いのです。 終戦76年の今日を迎えて、「あの頃と日本は変わっていないじゃないか!」「何も学んでないじゃないか!」 祖父の辛そうな表情を浮かべながら、そう強く思いました。

続きを読む